仏壇の正しい処分方法と不用品回収を利用するメリットも解説

仏壇を処分する前に供養をする

供養
「いらなくなった仏壇を処分したい」と思った時、どうすればいいのでしょうか?わが国では仏壇を信仰の一部ととらえており、しっかりと供養した後処分することが大切です。

仏壇には亡くなった方の魂や仏様の魂などが宿っていると考えられており、生きている家族を見守ってくれています。

そのため、雑に扱ったりせず、しっかりと供養し処分するようにしましょう。

そうすれば、日ごろの感謝の気持ちを仏様や故人に伝えることができるはずです。

具体的な供養の仕方は次のとおりです。

仏壇の供養方法

一般的に、新しく仏壇を購入すると、魂を入れる儀式である入仏式を行い、仏壇がモノから尊像に変わります。
逆に、仏壇を処分する際もそのままでなく魂を抜く儀式であるお性根抜きを行わねばなりません。

この儀式を行うことで、尊像から単なるモノへと戻すことが可能なんですね。

魂抜きを行う際は仏壇の中に保管している書類や貴重品などは出しておきましょう。

仏壇によっては隠し引き出しがある場合があるので、しっかりとチェックします。

棚板の裏や扉の内側もチェックしましょう。

魂を抜くには法事などをお願いしているお寺へお願いするのがいいですが、特に決まっていない場合は近所のお寺や知り合いに紹介してもらうといいでしょう。

仏壇の処分方法

仏壇
仏壇の魂抜きが終わったら、処分していきますが、どういう方法があるのでしょうか?

仏壇店に依頼

最も一般的なのが仏壇店への依頼です。仏壇店は仏壇の処分の経験が豊富ですので、きちんとと処分してもらうことができます。そのため、処分する際の手続きがスムーズで日程調整などもしやすいです。

新しく仏壇を購入する際、古くなった仏壇の処分には購入店に依頼する方がほとんどのようですね。

ただ、仏壇の処分を仏壇店に依頼するのにデメリットもあります。それは新しく仏壇を購入しないのに、仏壇の処分だけを依頼しづらいこと。

新しく仏壇を購入する場合のみ、おすすめの処分方法です。

粗大ゴミとして処分

次に仏壇の処分方法として挙げられるのが粗大ゴミとして出すというもの。自治体のごみ収集サービスを利用して仏壇を処分してもらいましょう。

自治体のごみ収集サービスを利用して仏壇を処分する最大のメリットは比較的費用が安く済むこと。

自治体によって費用に差があるため、処分する前に確認しておきましょう。

また、自治体のごみ収集サービスを利用すると、手続きが簡単だというのもメリットです。

ただ、仏壇をごみ集積所に出すのに抵抗がある方が多かったり、自治体によっては対応不可だったりします。

「ごみ集積所に仏壇が捨てると、近所の人の目が気になる…」という方はやめておいた方がよさそうですね。

また、ごみ集積所まで自分で持って行くのはかなりの労力が必要です。

不用品回収に仏壇を回収してもらうメリット

業者
では、不用品回収業者に仏壇を回収してもらうメリットにはどのようなものがあるんでしょうか?

魂抜きが終わり、仏壇を処分するのに粗大ゴミとして出すのに抵抗がある場合、不用品回収業者に連絡してみましょう。

不用品回収業者を利用するメリットは自宅まで仏壇を取りに来てくれること。

しかも、2階やマンションの上の階であっても、そこまで取りに来てくれるので重い仏壇を運ぶ必要がありません。

周囲の目を気にする必要がないのはありがたいですよね!

また、不用品回収業者は仏壇の処分の実績が豊富なことが多く、対応がスピーディな業者がほとんど。

業者の中には即日対応してくれるところもあるため、仕事で忙しかったり、急な引っ越しの際も安心ですね。

自治体のごみ収集サービスを利用すると、ごみ集積所にしばらくの間仏壇を置いておかねばならず、近所の人の目が気になったりします。

ですが、不用品回収業者なら希望する日時に取りに来てくれるところがほとんどです。費用についてはまちまちですが、一般的な仏壇の大きさであれば、1~4万円程度で引き取ってくれるところが多いです。

不用品回収業者の中には仏壇の処分の前に魂抜きを行ってくれるところもあるようです。
どのようなサービスがあるのか、費用はどのくらいかなど、前もってチェックしておきましょう。

 

まとめ

仏壇の正しい処分方法と不用品回収を利用するメリットについても解説しました。
仏壇を処分するにはまず、魂抜きをしてもらいきちんと供養する必要がありそうです。

また、処分方法には

  • 仏壇店に依頼
  • 粗大ゴミとして処分

の2つの方法があります。

ただ、どちらもメリットがあればデメリットもあることを覚えておきましょう。できれば、不用品回収業者に依頼し仏壇を処分してもらうのがおすすめです!